SPOTオーディション

SPOT製作委員会の乾です。
2月23日の天皇誕生日に、SPOTオーディションが行われました。その様子をお伝えします。

まず、SPOTオーディションですが、インターネット声優学校SPOT の受講生を対象に行われるオーディションです。SPOT では、インターネットで学べるので、生徒さんは全国(および海外にも)にいらっしゃいます。
オーディションの一次審査は、各自が録画したビデオで行われました。事前に課題が出され、その課題にしたがって、演技やアピールポイントをビデオに撮影してもらいます。その後、事務局の方に送ってもらい、そのビデオをSPOT に参画している声優プロダクション4社が審査を行いました。結果、33名の生徒さんが合格し、今回の最終オーディションに望んでもらいます。

最終オーディションの場所は東京・新宿 某所。スタッフは朝10時に集合です。生徒さんは午前から夕方にかけて順次集まってもらい、オーディションを行っていきます。

というわけですが、まずは、SPOT 運営事務局を紹介します。こういう状況ですので、フェイスシールドや検温・消毒など、感染症対策を徹底しています。










                      

まずは、吉田です。筆箱を持っているのは、何か意味があるのでしょうか?

そして、松本および木月です。









    

       

3人とも現役の声優です。色々と喋ってもらうと、さすがに上手です。










    

テーブルと椅子を並べて準備をしています。各声優プロダクションの社長やマネージャたちも集まってきました。

そして、今回は野村道子さんも審査員として参加してくださいました。

向かって左が浪川さん、右が野村道子さん












    

そして、いよいよオーディションが始まります。実は私も個人的には緊張しています。















    

生徒さんには6人ずつ審査する部屋に入ってもらい、一人ずつ前に出て、課題の演技と自己アピールです。審査員は、全部で10名。生徒さんも審査員も、みなさん真剣です。















    

休憩時間には、こんな なごやかな感じも。











    

というわけですが、午後4時過ぎごろまでオーディションが行われました。

この結果は、3月10日までに生徒さんに通知されます。

私個人的にはではありますが、生徒さんの自己アピールなども聴きながら、みなさんが夢を持って声優を目指している様子に感動しました。チャレンジするということは素晴らしいことですね。今回オーディションを受けた方の中から、今後活躍していく声優さんが生まれるのでしょうか。とても楽しみです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です